会議室

色々と便利でメリットが多いシェアオフィスを東京で活用しよう

● SITE MAP ●

起業して間もない時にはシェアオフィスは有効!

フリーランスや一人もしくは少人数で起業する際、シェアオフィスは費用面では有効なものとなります。しかし、シェアオフィスは費用面でのメリットだけではなく、賃貸オフィスを契約できない時にもメリットが生じます。そもそも、賃貸オフィスを契約する際、個人名義では賃貸契約の条件に該当しないケースが多くあります。少なからず、法人名義であることが条件とされ、法人登記を行う必要が生じてしまいます。
しかし、シェアオフィスなら個人名義での契約も可能であり、契約してから法人登記を行うこともできます。その結果、賃貸契約のオフィスを契約出来ない時には有効であり、起業したもしくは起業する方にとって強い味方になります。また、シェアオフィスは規模に応じてスペースを拡張することもできます。起業した当初は、自分だけもしくは数人であったとしても、業務内容で社員が増えた際でも速やかに対応することができます。
もし、賃貸契約のオフィスであった場合、社員が増えた際にオフィス移転となると、敷金や礼金だけでなく、違約金といった費用が発生するケースも少なくはありません。そのため、シェアオフィスは将来性を見据えたオフィスの確保と行う上で有効であり、起業して間もない時には無駄を排せるものとなります。

● 注目記事 ●

● 更新一覧 ●

TOP